事件

沼津不適切保育所は「グローアップ大岡園」か!

hutekisetuhoikusho事件
沼津不適切保育所外観

静岡県沼津市は、1月21日に市内にある私立保育事業所で園児の顔に水性ペンに落書きするなど不適切な保育が行われていたことを発表しました。児童特定につながるとして事業所の名前は公表されていません。管理人が調査し「むすびの保育園hagu」「保育所グローアップ大岡園」に絞りました。

 

沼津市の私立保育園を調査

沼津市によると「事業所の名称については、少人数での保育を行っている事業所で、入所児童等の特定につながるため公表を控える」とのことでした。

 

沼津市子育てポータルサイトによると、沼津市にある小規模保育認可施設一覧には収容人数20人未満の保育所が5つありました。

numadusikosodatepo-tarusaito

沼津市子育てポータルサイトより

  • ぽんぽんの森
  • アドバンぺんぎん保育園
  • イロドリぬまづ保育園
  • 保育所グローアップ大岡園
  • むすびの保育園hagu

以上5箇所です。沼津市子育てポータルサイトのリンク先をクリックすると、外観が見られます。

 

numaduhoikusho

不適切保育をしていた保育所情報

掲示板によると、「ピンクのような薄いオレンジ色のレンガ調の所」であることがわかりました。報道された保育園の外観を探したところ、この画像を見つけました。

hutekisetuhoikusho

沼津不適切保育所外観(NHK)

 

沼津市子育てポータルサイトにあったぽんぽんの森、アドバンぺんぎん保育園、イロドリぬまづ保育園、保育所グローアップ大岡園、むすびの保育園haguのうち、報道された写真のようなレンガ調の保育所は、2箇所でした。

 

「保育所グローアップ大岡園」と「むすびの保育園hagu」です。それぞれの外観を比較してみます。

 

むすびの保育園haguを調査

musubinohoikuennhagunogaikann

むすびの保育園hagu HPより

 

むすびの保育園の方は全体的にレンガ調という訳ではありません。ただ、画像の右側の方を見ると柱はレンガ調に見えます。そこで、もう少し別の角度から撮った写真がないかを探しました。すると、壁の上部までレンガ調であることがわかりました。

 

musuginohoikuennhagugaikann

むすびの保育園haguの外観別画像

 

これだけではわからないため、壁のレンガ部分を拡大して画像を比較してみます。

musubinohoikuennhagubetukakudo

むすびの保育園haguのレンガ部分拡大

hutekisetuhoikusho

沼津不適切保育所外観

上段がむすびの保育園haguのレンガ、下段が報道時の画像です。どうやら、色が違います。また、レンガとレンガの間の白い線がむすびの保育園haguの場合は不規則でデザイン的に異なるように思われます。そのため、むすびの保育園haguは報道された保育所とは違うと判断しました。

 

 

保育所グローアップ大岡園を調査

まず、保育所グローアップ大岡園の画像を見てみます。ホームページの画像は小さめでよくわかりません。

hoikushoguro-appuoookaennho-mupe-jiyori

保育所グローアップ大岡園HPより

 

ただ、レンガの白い線は規則的で真っ直ぐに見えます。もうすこし大きめの画像で同じ建物を探しました。すると施工業者のホームページに掲載された写真がありました。

 

保育所グローアップ大岡園の建物画像

 

拡大した画像を検証してみます。

hoikushoguro-appuoookaennnorengakakudai

保育所グローアップ大岡園のレンガ拡大

さらに、もう一度NHKで出ていた壁と比較します。

hutekisetuhoikusho

沼津不適切保育所外観

報道されたものと比べてみると、レンガとレンガの間の白い線はまっすぐで規則的です。かなり近いように思われます。ただ、NHKの画像では立体的な盛り上がった感じがありません。斜めから見ると盛り上がっていたようです。ただ、縦長の窓は同じように思われます。

 

hoikushoguro-appuoookaennno2tunotatenaganomado

保育所グローアップ大岡園の縦長の2つの窓

 

この2枚の縦長の窓は上の画像で開けられていますが、位置と形が近いと思われます。そのため、報道された保育所は、保育所グローアップ大岡園ではないかと思われます。完全に特定するまで、掲示板情報などを注視します。また、関係者の方などからの情報もお待ちしています。

 

【追記】別の報道での保育所画像

guro-apppuoookaennka

別の報道で映された不適切保育所

画像はDaiichiTVです。やはり、縦長の二つの窓が映されており、当ブログの調べたグローアップ大岡園に酷似しています。

 

【追記】保育所グローアップ大岡園の所長と保育士

hoikushoguro-appuoookaennnoenntyou

保育所グローアップ大岡園の園長

追記:新たに報道されたところでは、当該事業所は1月22日夜、保護者向けの説明会を開きました。そして関わっていたのは「50代の女性の施設長と40代の女性の保育士、調理員の3人」と施設長の性別と年代も明らかにされました。やはりこの方ではないでしょうか。

 

保育所グローアップ大岡園のホームページによると、次のような園長の挨拶が掲載されています。

 

園長からの挨拶
当園は平成30年5月1日に開園いたしました。
閑静な住宅街に囲まれ、自然とも沢山触れ合える保育園です。
定員が18名という小規模保育園ですが、少人数だからこそできる一人一人への気配りや気持ちに寄り添い、家庭的で明るい雰囲気の中で成長を見守り、
子どもたち・保護者様と一緒に成長できる保育園でありたいと思っています。
そして、大切なお子さまを安心して過ごせるよう、預けていただける環境づくりを職員一同目指しています。
また、保育の合間を縫って職員全員が事故や怪我に対応できるよう、普通救命講習を受けました。園児の安全に細心の注意を図っています。
現在、保育士・栄養士・給食調理員10名で子どもたちの成長を見守り、保育しています。
子どもたちの笑顔や会話の中から、沢山の幸せをもらいながら職員一同頑張っています!」

 

「保育士・栄養士・給食調理員10名」が職員とあります。報道では、保育所の所長も行為に加わったとありました。ということは、保育所グローアップ大岡園が報道された保育所で正しいのであればこの園長も不適切な保育をしていたことになります。

 

保育所グローアップ大岡園のクチコミ

保育所グローアップ大岡園のクチコミを探しました。しかし、2018年開園と新しいこと、規模が非常に小さいからか、クチコミが見当たりません。念のため、Googleマップ、Yahoo!!ココ、hokatoolという保育園のクチコミサイトも見にいきましたが、クチコミはありませんでした。

 

ホームページに掲載されている保護者の声を見てみます。

保育所グローアップ大岡園の保護者の声として掲載されているもの

 

保護者様からのお声
先生方が毎日にこやかに優しく接して下さるので、安心して預けることが出来ます。 保育内容も沢山体を動かせるものや季節の遊び、ごっこ遊びと様々な経験をさせて頂けるので娘も登園日を楽しみにしています。

 

靴の履き方やトイレトレーニング、手の洗い方も1つ1つ丁寧に教えて頂いているので、家でも自ら”やってみよう”とする姿や「手を洗ってバイキンバイバイしようね」と娘から伝えてくるようになりました。 一緒に育てて頂いて本当にありがとうございます。

 

給食が9月より園独自の献立になったことでバラエティーに富んだものになったり、レシピの配布、毎日の給食の掲示板等いろいろと工夫して下さり勉強になっています。 いろいろと新しい事を取り入れたり変えて下さり、発展している園だと思っています。 今後も宜しくお願い致します。」

 

NHKインタビューで答えた人は「事務長」(31)

NHKのインタビューに答えていたのは、31歳の事務長とありました。

kabusikigaishaguro-appunokyuujinnjouhou

株式会社グローアップのハローワークに出ている求人情報

kabusikigaishaguro-appunokyuujinnjouhou

株式会社グローアップのハローワークに出ている求人情報

ハローワークの求人情報にも担当者として「事務長」と出ています。代表取締役は宮本隆史さんです。

 

沼津保育園の不適切保育の内容

沼津市の子育て支援課によると不適切な保育をしていたのは、保育士である所長と2~3人の保育士です。20日午後に職員と保育士から市に相談があり、判明しました。2022年4月から10月頃に、以下の内容の保育をしていたといいます。

 

  • 0歳児園児一人の顔を無理矢理引っ張った→(追記)後に市が1歳児であったと訂正
  • 別の園児の顔に水性ペンでヒゲなどの落書きをした
  • お面を怖がって泣き出した園児を追い回した
  • 被害にあった園児は計3人、怪我などはなかった
  • これらの行為を写真に撮り、全職員とSNSで共有していた

 

「子どもたちが喜ぶので、写真を撮影しながら行為がエスカレートしてしまった。結果的に不適切保育を行い本当に申し訳ない」とのことです。運営する会社の事務長が男性、不適切な行為をしたのは施設長と保育士、それに調理員の3人です。

 

所長らは行為を認めており、「かわいがるつもりでやった」と話しているそうです。裾野市の私立保育園の園児虐待事件を受け、当該保育事業所でも昨年12月に落書きなどをやめるよう職員間で共有しましたが、沼津市には報告していませんでした。

 

裾野の事件を受け、沼津市が開いた施設長会議には当該保育事業所の代表も参加していました。沼津市は定期監査を実施していますが、21年度の監査では不適切な事案は確認されていません。

 

【追記】沼津市による特別監査

沼津市は1月25日に、児童福祉法などに基づく施設への特別監査を実施し、2日間の監査を終えました。監査結果をは年度末までに公表されます。
特別監査では施設の全職員11人と運営会社の代表ら計13人に聞き取りを実施。園児の顔に落書き、ほほを引っ張って面白がったなどの不適切な行為が昨年5〜10月ごろに行われていたことを確認した。
裾野市の私立「さくら保育園」での暴行事件を受け、沼津市が昨年12月、市内の保育施設の園長らを集めて開いた会合に施設長が出席していたことも監査で確認しました。
会合で市が不適切保育の報告などを求めていたにもかかわらず、施設側が今月20日まで報告していなかったことについて、施設長は「不適切だとは思っていたが、市に報告するほど重大ではないと考えていた」と釈明しています。
First Step 情報局

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました