人身事故

橋本貢インスタに涙「家族愛するアウトドアな男」~郡山市軽自動車炎上4人死亡事故

hasimotomituguinsuta人身事故

2023年1月2日午後8時過ぎに起きた福島県郡山市での軽自動車炎上事故で亡くなった橋本貢さんのインスタを特定しました。橋本貢さんのFacebookの情報、家族、また事故の概要を含めてまとめています。

 

橋本貢さんのインスタ

橋本貢さんのインスタグラムアカウントを特定しました。

hashimotomizugusann-facebook1

hashimotomizugusann-facebook2

hashimotomizugusann-facebook3hasimotomitugusannnoinnsutahasimotomitugusannnoinnsutahasimotomitugusannnoinnsuta

hasimotomitugusannikka

橋本貢さんのInstagramからは、アウトドアが好きで大きな愛車で家族でキャンプに行っていたことがわかります。家族全員でパタゴニアのTシャツを着ている画像もあります。この写真からも家族の仲の良さが伝わってきます。

 

この橋本貢さんのインスタアカウントには、愛犬が何度も出てきます。この愛犬は家族が戻らぬ間、ご飯を食べられなかったはずです。管理人はどうなったか心配しています。帰ってこない家族のことを愛犬はきっと心配していつまでも待っていたことでしょう。

 

この仲の良い家族が炎上事故で亡くなるなんて、なんと悲しいことでしょうか。事故に遭った車は奥さんである美和さんの軽自動車でした。貢さんの大きいSUVに乗っていたら全員助かったかもしれません。そう思うとより悲しみが深まります。

 

橋本貢さんのFacebook

橋本貢さんのFacebookアカウントには家族で紅葉を見にいっていた様子が残されています。

hasimotomitugusannnofeisubukku

hasimotomitugusannikka

家族のために運転してハイキングに来たところでしょうか。幸せな時間だったことがわかります。貢さんは、Facebookよりもインスタの方が更新頻度は高かったのでした。

 

長男の啓吾さんは消防士

橋本啓吾さんは消防士でした。11日事故現場を訪れた消防士の先輩の発言です。

  • 「何事にも真摯に向き合う明るい性格の後輩でした。彼は救助隊になりたいというでっかい夢がありました。夢を持つ同じ仲間だったので今回のことが悲しいとしか言いようがない。仲の良い家族だなと思っていた」

 

  • 「何事にも真摯に向き合う、明るい性格の良い後輩でした。焼死ということだったので熱かったねと。ごめんなと。もっと一緒に仕事したかったということを伝えてきました」

 

20才の啓吾さんは、今月の成人式に出席予定でした・・・。

  • 「やっと今年成人式に出られるという時にこういった事故が起きてしまって悲しいとしかいいようがない。彼もやっと二十歳ということもあり、とても楽しみにしていた」

 

長女の華奈さんは中学時代ソフトテニス部

中学校の先輩からです。

  • 「部活は一生懸命で、下級生の時は、ボール拾いなどの雑用も率先してするような真面目な子。メリハリがしっかりしていて、普段は人のこと笑わせるような、明るいキャラだった」

 

奥さんの美和さん

橋本美和さんのFacebookアカウントを調べたところ、漢字の「橋本美和」で検索すると複数名いました。郡山市の橋本美和さんはお食事処あしびというところで女将さんでした。報道では、橋本美和さんはパート従業員だったとあったので、別人のようです。

ニュースで報じられた橋本美和さんの画像です。2014年に橋本貢さんと橋本美和さんがドラゴンアッシュのライブに行った時の写真です。楽しそうな姿が映っています。

hasimotomiwasanntomirarerugazou

hasimotomiwasanntoomowarerugazou

楽しそうな写真を見ると余計に悲しくなります。

 

遺族の言葉

  • 「私たちは、大切な家族を突然の出来事で失い、大きなショックを受け、大変心を痛めております」

 

  • 「元気だった4人がいなくなってしまったことを、まだ受け止めることができずにおります。今は、家族で静かに4人を送らせていただきたいです」

 

 

ネットの反応

  • 「それぞれ年齢近いし、仲良さそうだし長男の年齢のときに長男産んでるし今まで頑張ってちゃんと育ててきたのにせつないな。昔、るろうに剣心が好きな1個上の先輩が貢って名前だったな」

 

  • 「意識のある中で家族が息絶えていく状況を見ながら死んでいくのは子を持つ親としては本当にいたたまれない事故に思います。 軽自動車だからとか車両がーという話ではないと思いますが、軽自動車は絶対買わないようにします。このお話をすると大体自動車関係ないだろとか低評価だらけになりますが、軽い物は重いものに弾かれます。物理です。」

 

メーカー名を発表して欲しいという声も多くあります。

  • 「車の底面にガソリンタンクがあったら底を擦ったら破損するのは当たり前じゃん。リコール相当の設計ミスです。」

 

事故の概要と死因

福島県郡山市の市道の交差点で、乗用車と軽乗用車が衝突しました。軽乗用車は炎上し、乗っていた4人が死亡しました。現場交差点には標識がなく、軽乗用車側が優先道路でした。

 

今回亡くなったのは郡山市の会社員・橋本貢さん(41)、妻の美和さん(39)、長男の啓吾さん(20)、長女の華奈さん(16)です。死因は、美和さんは一酸化炭素中毒、貢さんと啓吾さん、華奈さんは焼死でした。

 

警察によると、4人は郡山市内で飲食した後、自宅に戻る途中でした。軽乗用車の所有者は美和さんでしたが、当時運転していたのは誰だったのかはわかっていません。貢さんのインスタを見ると美和さんの運転だったのだろうかと思われます。

 

相手の車が止まって見えるコリジョンコース現象が影響か

今回の事故は、コリジョンコース現象であった可能性が指摘されています。

「コリジョン(collision)」とは英語で「衝突」や「激突」という意味。「衝突(確定)コース」つまり「衝突するべくして衝突した」ということです。「コリジョンコース現象」とは「ドライバーが相手のクルマが近づいてきたことに気付かない、あるいは止まって見える現象」のことを言います。(motor-fan.jpより)

 

しかし、たとえコリジョンコース現象が起きていたとしても、このような悲惨な事故は避けられてたのではないかと思われてなりません。というのも、後述のようにドライブレコーダーの記録によると高橋容疑者は減速をしていなかったからです。

 

市の対応

郡山市は6日に県警などと緊急の現場点検を行い、坂道のカーブや田んぼののり面など死角が多いところであるため、対向車が見えにくいことを確認しました。13日に事故現場の交差点にカーブミラーを設置するなど対策工事を行うと発表しました。工事は14日から19日まで行われます。

 

このような場所は全国にあるはずです。他の自治体でもこうした事故が多いところを確認し、対策をとっていって欲しいと管理人は思いました。

 

乗用車を運転していた容疑者は高橋俊(たかはし・しゅん)

乗用車を運転していたのは福島市の会社員、高橋俊(たかはし・しゅん)容疑者(25)です。現行犯逮捕され、過失運転致死容疑で送検されています。ドライブレコーダーの映像などによると高橋容疑者は減速しておらず、時速40キロから50キロほどで交差点に進入していたと見られています。

 

高橋俊容疑者の発言です。

  • 「通ったことのない道路で一本道だと思った。走っていたら交差点があると分かった。一瞬にして目の前に車が来てぶつかった。」

 

  • 「ぶつかってから少し前に行って止めて、車から後ろを見たら炎が見えて車から降りた。ぶつかった交差点に行ったら車が燃えていた。記憶では119番通報した。車の中に人がいると思ったが、炎がすごくて助けられなかった」

 

高橋容疑者の顔が少しテレビに映っていました。

takahashiyougisha

念のため、高橋俊のFacebookとInstagramで同姓同名の人を検索してみました。しかし、福島県に住んでいるというアカウントは存在していませんでした。住所が書かれていないアカウントは投稿がなく、特定にいたっていません。書類送検の際に顔写真が公開されたら再度調べます。

First Step 情報局

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました