博多駅前殺人事件

静岡牧之原市40代母刺殺:13歳長女犯行

makinoharajoseisisatu博多駅前殺人事件

静岡県で牧之原市の住宅で16日深夜、40代女性就寝中に自宅にあった包丁で刺され17日午前1時半ごろ搬送先の病院で死亡しました。静岡県計は殺人事件として捜査を始めています。13歳の長女による犯行です。本件について情報を収集しています。

 

犯行は息子ではなく長女

被害者は40歳の母親。犯行に及んだのは中学生13歳の長女でした。失血死とみられています。牧之原警察署によると、本日の朝は子供の性別警察は「個人の特定につながる」として子どもの性別や学年などは公開しないとしています。県警は司法解剖をして死因を特定します。

 

事件後、同居の家族から「家族が刺された」という内容の110番通報がありました。母親は病院に搬送されましたが間もなく死亡しています。体には首や複数の切り傷や刺し傷がありました。現場は被害者の自宅であり、刃物によって傷つけられたため家庭内の包丁を使っていました。

 

家族から通報があったのが午後11時50分ごろです。母親は就寝中に刃物で刺されたとみられています。長女は自宅に居たため、警察が現場に着いた時点で保護していました。

 

牧之原母刺殺長女自宅(毎日新聞)

 

17日昼前に、犯行に及んだのは13歳の「長女」であることが発表されました。報道が「少年」→「息子」→「子供」→「性別は公開しない」→「長女」と変化しています。

 

スマホをめぐってのトラブルがあったとのことです。近隣の90代女性は「(娘の)祖父母はいつ会っても『こんにちは』と穏やかに返してくれる感じのいい人たちで、そのお孫さんがあんな事件を起こすとは夢にも思わなかった」と驚いていました。

 

娘は、母親である女性と祖父母、親族の五人暮らしとのことです。

 

【追記】娘の供述「母親が先に襲って来た」

事件の発端はスマホでのSNSの使い過ぎを母親から注意されたことであったということがわかっています。娘の供述では、「母親が先に襲ってきた」と言っており、まだ正確な情報が掴めていません。

 

【追記】曾祖父は地元の名士

文春オンラインが報じたところでは、曾祖父は地元の名士でした。母親、娘、祖父母の4人で暮らしていた家は大邸宅であったことがわかりました。祖父は重機の一流企業の管理職であったようです。

 

【追記】母親はギリギリの超ミニスカ

近所の男性の語る母親についての言葉が掲載されています。

  • 「地元の祭りに皆がハッピを着ている中、母親1人だけがギリギリの超ミニスカートをはいて参加していました。髪も染めギャルっぽくて、目立っていました。夜の飲食店で働いていたようですし、そういう意味で服装も生活サイクルも、高齢世帯が多い地元とは馴染んでいませんでした。」
  • 「娘も同級生が運動着で通学したり遊んでいるなか、子どもにしてはいつもキラキラした派手な服装をしているので、浮いているなと思っていました。家の前を通学で通るときには『おはよう!』と言っても、一切知らん顔。聞こえているのに聞こえていないという態度で、ムスッとした顔のまま歩き去るんです。自宅を訪れた際も無視でしたし。難しい年頃なのかもしれませんでど・・・」
hahaoyatyuugakusotugyouarubamuyori

母親の中学の卒業アルバムより

 

牧之原市の場所

静岡県牧之原市(毎日新聞作成)

 

 

牧之原では過去も置き去り事件や刺殺事件が

静岡県牧之原市では、2022年9月5日に「川崎幼稚園」の送迎バス内で河本千奈ちゃん(3)が死亡する事件がありました。千奈ちゃんは登園後、5時間以上も車内に置き去りにされたとみられています。当日は真夏日でした。

 

2017年8月18日、静岡県警は静岡県立大学の看護学部に通う増田愛梨奈容疑者を死体遺棄容疑で緊急逮捕していました。出産したをポリ袋に詰めて実家近くの茶畑にポイ捨てしました。遺体は女児で、へその緒が残されていたといいます。

 

2016年10月には牧之原で女性刺殺事件が起きていました。牧之原市のコンビニ店内でコンビニで近くに住むバス運転手、杉山沙織さん(32)が刺殺されています。静岡地検は19日、殺人と銃刀法違反の罪で住所不定、無職の男(事件当時41歳)を起訴しました。

 

2018年7月に懲役13年の判決が出ています。男は元同居相手で近所に住むバス運転手の杉山でした。杉山は事件時にその場で自分の腹などを刺して入院していました。

 

今回の事件を受け、ネット上では「また牧之原で?」という声が複数上がっています。

 

14歳未満の触法少年は刑事責任を問われない

触法少年とは、14歳未満で刑罰法令に触れる行為をした少年のことです。刑法41条には「14歳に満たない者の行為は,罰しない。」と規定されています。14歳に満たない子どもには刑罰を加えることができず、少年法上でも「罪を犯した少年」にはあたりません。

 

重大な事案は、児童相談所長の判断で家庭裁判所に送致されます。家裁は調査、審判を行い、保護観察、児童自立支援施設送致、少年院送致などを決めます。県警は既に児童相談所に通告しました。長女から事情を聞き、動機などを慎重に調べるとのことです。

First Step 情報局

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました